人材派遣をご検討の企業様へ


オオガキエンジニアリングが選ばれる理由

 

昭和60年から製造業を中心に積み上げてきた実績とノウハウがあり、最近では派遣法の改正に伴う業務請負(アウトソーシング)の活用事例も増えています。経験を活かした提案で、各企業様の力になりたいと考えています。

 

■きめ細かい人材選定・マッチング体制

企業様からご依頼を受けた担当者が、募集、面接、マッチング、ご契約および定期的なご訪問までを一貫してサポートいたします。業務内容を詳しくお伺いした担当者が人選することで、企業が本当に求める人材が業務にあたることができます。

 

<重視しているポイント>

ミスマッチによる早期退職を本気で防ぐために、安心してご紹介できる方のみ、厳選してご紹介しています。そのため「すぐに人が欲しい」というご要望には弊社は向いておりません。派遣先企業様にご迷惑をかけないよう、求人内容をしっかりと伝え、弊社の面談で不採用にするなど、相手企業様の立場に立って人選しております。

 

■初めての企業様も安心のサポート体制 

派遣先企業様へ随時ご訪問させていただき、問題や課題があれば弊社が間に入り、社会保険労務士等と連携のうえ、早急に解決できるように努めております。また、派遣社員についても面談等を実施し、常に高いモチベーションで仕事ができる環境を整えております。

 

■言葉の壁はありませんか?

現在の日本国内では、多くの外国籍の方がお仕事をされています。時代遅れではございますが、弊社の派遣社員及び請負職場の社員については、日本語でのコミュニケーションを前提にしているため、必然的に日本人の雇用が前提となります。


人材派遣と請負(アウトソーシング)の違い


■人材派遣とは

業務量に応じて、派遣期間や人数の変更などが可能な、労務を提供するサービスです。

採用のための時間・コスト、各種福利厚生費などをかけることなく必要な人材を確保でき、派遣先の指揮・命令で仕事をさせることができます。


■請負(アウトソーシング)とは

請負とは、請負会社が発注元企業から、特定の業務や作業について、その業務の遂行・完成に対して責任を持って引き受けることを言います。

請負の場合、発注元企業は請負会社の社員に対して仕事の指揮・命令を行うことはできず、請負会社が選任した責任者を通して業務を依頼します。業務によっては、発注元企業の社内で行う場合と、外部で作業して納品する場合があります。特に製造業などの業種においては、安全管理責任の所在は重要なポイントです。請負の場合は、安全管理体制を構築・維持する責任が請負会社にありますが、人材派遣の場合には、派遣先企業が安全管理責任を負うことになります。


「人材派遣」導入のポイント


■企業から見た人材派遣を活用するメリットとは?

 

・募集、面接が不要で、採用に手間と経費がかからない。

・個別に雇用契約を結ぶ必要がない。

・市場の必要なスキルを持つ労働力を必要な期間だけ活用できる。

・経験者の場合、育成する時間と費用を節約できる。

・派遣会社が間に入るため、労務管理の手間が省ける。


■目には見えないメリットも?

 

人材派遣を活用すると、会社に外部からの「新しい風」を入れることになり、派遣社員の新鮮な刺激によって、受け入れ部署の活性化が期待できます。みなさんも、新しい社員が入る時にワクワクした経験はありませんか?

 

「人」と「企業」を結ぶ仕事だからこそ、派遣会社の『カラー』が見えてきます。『以前、派遣社員を入れていたが、慣れた頃にすぐに辞めてしまい、時間をかけて仕事を教えても長く勤めてくれないので困る』という経験はありませんか?

 

派遣社員に求められる要望はさまざまですが、社員と同様、または経験者としてそれ以上の仕事が求められる場合が増えています。派遣社員は単なる「人数」ではなく、多岐にわたる業務を覚えて「戦力」として長い間働いて欲しいというご要望に対し、大手派遣会社にはまねのできない小回りのきく対応と、長期間の安定したお付き合いを実現するための訪問サポートで、企業のご要望にお応えいたします。

(派遣社員の希望等により、派遣契約期間中に退職する場合には、スムーズな引き継ぎができるよう、退職時期の調整、新しい派遣社員のご紹介で対応してまいります。)

簡単資料請求(4問)


メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせは具体的でなくても構いません。 お気軽にお問い合わせください。