新型コロナウイルスの感染予防対策について


この度の新型コロナウイルスの感染予防対策の一環として、製造現場においては、工場内でのマスク着用が必須となっております。 

 

現状の対策としては、消毒液の設置、マスクの常時着用、毎朝の体調確認、37.5度以上の場合の出勤停止、食堂などのソーシャルディスタンスの確保、飲食や喫煙時の会話禁止、プライベートでも感染予防の周知徹底などを実施しております。

 

また、発熱者の出勤禁止はもちろん、新型コロナウイルスの濃厚接触者となった社員については、保健所が指定する期間の自宅待機を徹底しております。

 

現状として、上記のような対策を継続しているため、大変恐れ入りますが、営業活動での来社については、挨拶のみ、定期訪問など、明確に必要でない場合はお断りさせていただきます。求職者様については、咳や発熱はもちろん、のどの痛みなど、風邪のような症状のある方については、面談の予定を変更させていただきます。

 

何卒ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ