岐阜県・大垣市のご紹介


県外にお住まいの方は、岐阜県、大垣市と聞いて、『どこだろう?』という方も多いのではないでしょうか。岐阜県は日本のちょうど真ん中に位置しています。大垣市は岐阜の西側、"西濃"エリアの中心地です。首都圏の魅力・利便性とは大きく異なる、住みやすくて魅力あふれる『岐阜県・大垣市』をご紹介いたします。

大垣市の概要


大垣城
大垣城

大垣市は、岐阜県の西濃地方に位置する市の一つで、日本列島の一番「ど真ん中」に位置しています。県庁所在地の岐阜市に次いで、県内第2位の人口があり、西濃地域の中心的な存在です。

また、地下水が豊富で、自噴している場所も多く、15本もの一級河川とあいまって、大垣は別名「水の都」と呼ばれています。

 

大垣は、俳人・松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えた「むすびの地」であり、「奥の細道むすびの地記念館」をはじめ、俳句を使ったイベントなども多数行われています。

清流の国ぎふのご紹介


3000m級の北アルプスの山々が連なる北部の飛騨地域から、木曽三川が流れ、海抜0mの水郷地帯が広がる南部の美濃地域。山紫水明の自然に恵まれ、古くから「飛山濃水」の地と言われる岐阜県。四季折々の美しい風景、趣深い歴史や文化、伝統の技や豊かな食、心やすらぐまちのたたずまい。それらはすべて、ぎふの清流の恵み~きれいな「水」からのおくりものです。

【自然】

・県土の8割を占める豊かな森林

・木曽・長良・揖斐の木曽三川に代表される美しい河川

・大小200を超す「小坂の滝」や日本三名泉の「下呂温泉」など、数多くの名瀑や温泉、豊富な湧き水

 

【歴史】

・織田信長が天下統一の足掛かりとした「岐阜城・金華山」

・天下分け目の決戦の地「関ヶ原古戦場」


【産業】

・飛騨の木工芸、美濃和紙、関の刃物、東濃の陶磁器など、磨き上げられてきた匠の技

・岐阜提灯、岐阜和傘、大垣の枡、郡上本染など、暮らしに息づく伝統工芸


【伝統・文化】

・日本の原風景が広がる世界文化遺産「白川郷合掌造り集落」

・1300年の歴史を誇る「長良川の鵜飼」

・全国最多の29の保存会が活動する東濃地区などの地歌舞伎

・江戸の街道文化を残す「中山道」の宿場町

・今も県内各地に残る古い町並みや祭礼


【食】

・岐阜県の誇るブランド「飛騨牛」、「富有柿」

・「郡上鮎」に代表される清らかな川の象徴アユ

・県内の多彩な自然条件に恵まれたトマト、ほうれんそう、米、いちごなどの農産物

・およそ50の蔵元でつくられる地酒

(岐阜県紹介パンフレットより抜粋)

リンク


大垣市公式ウェブサイト

 

大垣市は、岐阜県の西濃地方に位置する市の一つで、日本列島の一番「ど真ん中」に位置しています。県庁所在地の岐阜市に次いで、県内第2位の人口があり、西濃地域の中心的な存在です。

 

また、地下水が豊富で、自噴している場所も多く、15本もの一級河川とあいまって、大垣は別名「水の都」と呼ばれています。

大垣・西美濃観光ポータル

 「水都旅(すいとりっぷ)」

 

大垣市観光協会のウェブサイト。大垣市街、郊外の歴史と文化をめぐる観光スポットやイベント情報などの情報満載。PDF版の観光パンフレット「水都旅」もおすすめ。


岐阜県公式ウェブサイト

 

岐阜県は、中部地方にあり日本のほぼ中央に位置しています。(県庁所在地:岐阜市)富山県、愛知県、三重県、滋賀県、福井県、石川県、長野県と隣接しています。


(一社)岐阜県観光連盟公式サイト

 

岐阜県の旅をもっと楽しくする情報が満載です。観光スポットやグルメ情報はもちろん、テーマ別、季節別、地域別の『モデルコース』がたくさん紹介されています。


岐阜観光コンベンション協会 -岐阜市漫遊-

 

岐阜城がそびえる金華山をはじめとする岐阜市の観光名所、1300年の歴史がある長良川の鵜飼、長良川温泉や宿泊施設、工芸品やイベント情報などが紹介されています。

■「清流の国ぎふ」

マスコットキャラクター ミナモ

 

キラキラした川の水面(みなも)に住む妖精で、水色は岐阜の清流、黄色は太陽とみんなの笑顔。元気いっぱいでスポーツと自然が大好き。「清流の国ぎふ」(岐阜県)の魅力をご紹介します。

許諾番号:©岐阜県(0329)



地図(岐阜県・大垣市)


【ご案内】

本ウェブサイトからリンクされている第三者のウェブサイトの内容は、それぞれの責任で管理されておりますので予めご了承ください。また、写真(画像)、アイコン、キャラクター等の掲載については使用許可をいただいています。