辞めるかどうか悩んでいる方へ


厚生労働省の資料によると、現在、中卒で約6割、高卒で約4割、大卒で約3割の方が、最初に就職した会社を3年以内に退職しています。特に、初めて学校を卒業して社会にでた場合、会社や世間の常識を知らないことが多いために戸惑うことが多いでしょう。また、与えられた仕事に必要な知識や経験が足りないために、仕事はなかなかうまくいかないものです。また、直属の上司や同僚との対人関係でも悩むことがあるでしょう。

 

与えられた業務に真面目に取り組んでいると、徐々に仕事にも慣れ、上司や同僚との人間関係も作られていきます。一方、仕事内容や労働条件が自分の生活に合わない場合や、会社の色(風土)がどうしても合わない場合には、転職を考えることがあるかもしれません。

 

その場合、3年以上勤務していない場合や、複数回転職している場合には、『やめ癖』があるのではないかと疑われる可能性があります。また、『人間関係』は多かれ少なかれ、どの会社にもありますので、退職理由となる場合には聞かれた時の説明には注意が必要です。

『仕事を辞める』という選択は個人の自由ですが、安易に辞めるという結論はださず、問題や悩みを周囲の人に話して相談に乗ってもらい、冷静に考えることも大切です。

 

『隣の芝生は青い』(=何でも他人のものはよく見える)と言われるように、他の人の仕事や職場はうらやましく見えるため、転職した後になって、自分の環境が恵まれていたことを理解できるかもしれません。

 

なお、退職する場合には、現在お世話になっている会社に迷惑をかけないよう、退職時期や引継ぎについて会社側と十分に話しをして、最後までキッチリと仕事をするように心がけましょう。

人材登録についてのお問い合わせ


今すぐは転職できない方も含め、人材登録を受け付けております。

新規採用枠が発生した際には優先してご連絡させていただきますので、

まずはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ